まぐろカツカレー【冷凍便】10食入り 6,500円

定価 8,424円(税624円)
販売価格 7,020円(税520円)
購入数

プライスダウンまぐろカツカレー
研究に研究を重ねたまぐろカツ&まぐろカレー

「まぐろのまち津久見」で、刺身以外に喜んで食べてもらえるまぐろ料理は無いか?子供から大人まで喜んで食べて頂けるもの、ラーメン・お寿司…そして、考え付いたのが『カレー』だった。『カレー』なら子供から大人まで喜んで食べて頂ける。そこで、考えたのが『まぐろカツ』と『まぐろカレー』のコラボレーションでした。まぐろをトンカツのようにすればきっと喜んで食べてもらえると考えました。ここからが戦いの始まりでした。


まぐろカツカレーを作るに当たり冷めても美味しい『まぐろカツ』の作成に取り掛かった。


まず一番にまぐろを美味しく食べて頂くにはどうしたらよいか?まぐろは冷めると『生臭い』そのまま塩コショーをしてパン粉を付け、油で揚げて、試食をしてみると『生臭い』『まずい』次に一晩お酒に漬ける生臭みは取れたがやっぱりまずい。


専門家に『ハーブ』をつけて見てはとアドバイスを頂き、早速試作品を作り試食をしてみるが、温かい時は美味しいのだが、冷めてしまうと生臭いのと何とも言えないハーブの香りが入り混じりとても食べれた物ではなかった。


更に、色んなお店で食べて見た確かに揚げたてはどこのお店も美味しかった。しかし、冷めてしまうと生臭みが出てしまう。


いろいろと、試行錯誤を繰り返していくうちに、かれこれ100枚以上は捨てた。


今度は色々なスパイスを探し少しづつ加えて行きました、その数はニンニクを始め香味野菜などのスパイスを十数種類以上使用の特製スパイスが完成。


その結果、やっと最大の難関『冷めて、生臭い』を解消する事に大成功!


しかし今度は、トンカツのような旨みがまぐろでは出せない、どうしてもパサパサしてしまう、また壁にぶつかる、オリーブオイルに漬けるがこれもダメ。


どうしてもうまくいかない…


まぐろがパサパサにならない方法を、津久見市民の皆様方に、教えていただくようにチラシにて、その方法を募集いたしました。


そしてついに「答え」が見つかりました、それはここでは申し訳ございませんが、教えることができませんので、ご了承くださいませ。


自社特製のスパイスにも抜群の相性で旨い『まぐろカツ』が誕生!


地元の皆様方の教えがあり、構想から1年以上かけて完成。



さらに研究を重ねたまぐろカレー


漁獲されたマグロは、船上に取り込んで早く魚体温を下げるため、直ちに内臓などを除外し、血抜きをして急速冷凍されます。マイナス50度という一般家庭の冷凍庫よりも遥かに低い超低温で急速冷凍されるため、冷凍保存されている間、マグロの細胞の変化が停止し、釣り上げたその場の鮮度が維持されます。
カレーに使用しているマグロは、高級マグロの旨味が凝縮された状態で調理されている絶品です。



まぐろをカレーに使うと、どうしても『生臭み』を感じてしまいます。特に大きな角切りを使っていますので、普通のスパイスでは生臭さが消えません。スパイスの配合を再度検討し直し、試行錯誤を繰り返して出来上がったスパイス。コクのある旨味と、マグロの生臭さを払拭できる逸品に仕上がりました。
後から来るピリッとした深みのある味わいと、自信のゴロッと大きなマグロの角切りのコラボレーションご堪能ください。



BSE問題以降、美容・健康の分野で魚由来のコラーゲンが注目されていますが、『まぐろカレー』には、特に良質なコラーゲンとして注目を浴びている『まぐろコラーゲン』を配合しています。
貴重なまぐろコラーゲン配合の『まぐろカレー』で、カラダのウチからの美と健康の管理にお役立てください。



自信の逸品お召し上がりください。

<まぐろカレー>

原材料:まぐろ(太平洋産)、人参、タマネギ、ウスターソース、バター、ブイヨン、蜂蜜、リンゴ、食用油脂(ラード、オリーブオイル)、小麦粉、トマト、ガーリック、カレー粉、食塩、砂糖、チャツネ、酵母エキス、乳製品、チキンエキス、ビンダルペースト、蛋白加水分解物、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、*原材料の一部に大豆、豚肉を含む
内容量:220g
保存方法:マイナス18度以下で保存 約2ヶ月




< まぐろカツ >
原材料:まぐろ(太平洋産)、パン粉、食塩、香辛料、乳加工品、赤ピーマン、人参、トマト、砂糖、酵母エキス、パセリ、粉末醤油、チキンエキス、蛋白加水分解物、(イーストフード、ビタミンC、着色料黄色4号、5号)卵、食塩、コショウ、調味料(アミノ酸等)*原材料の一部に、卵、小麦、大豆、乳成分、鶏、豚を含む
内容量:1枚70g(マグロの重量)
保存方法:マイナス18度以下で保存 約2ヶ月


調理方法


カレーを袋のまま熱湯で5分間ボイルして下さい。
電子レンジで温める場合は、カレーを耐熱皿に移していただき、
  ラップをして500Wで2〜3分でOK。
  ※温まっていない場合は、更に1分程度温めて下さい。
  ※加熱する際は、かなり熱くなりますので【やけど】には十分注意して下さい。
あとは、温かいご飯に温めた「まぐろカレー」をかけて完成です。


お客様の声


たくさんのお客様の声をいただき、誠にありがとうございます。コチラからお客様の声の一覧をご覧ください。

※お客様の声への投稿は、ご購入していただいた方にだけ発行するパスワードが必要となります。
どなたでも投稿できるシステムではございませんので、ご注意ください。


受注から発送

電話・FAXでもご注文承ります。

電話/FAXでもご注文承りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
電話:0972-82-3239 FAX:0972-82-4700
※平日AM:10:00〜PM17:00まで




最近チェックした商品

アクセスカウンター 懸賞応募 配送 郵便振替・代金引換・クレジット決済・銀行振込VISA/MASTER/ダイナース お急ぎの方はお電話でもご注文を承ります。 御品書き 海鮮丼 鮮魚・魚介類 まぐろカレーシリーズ 魚の惣菜 贈り物 売らない3つの覚悟 メディア紹介 お客様からのお喜びの声 ツイッター ブログ 相互リンク集

Mobile